部活に憧れる - 長尾正博の眼

長尾正博の眼 ホーム » スポンサー広告 » ブログ » 部活に憧れる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活に憧れる

YRVさんが喫茶【せどりの眼】ピグ支店っていうのを作ってくれたらしく

ちょっと、僕も使い方が解らないんで、あれこれピグで遊んでみました^^





で、ルームに行くとか何とかでYRVさんのお部屋を物色、

椅子に座ったり、あこち歩き回ったりしてみました。


何か、金目のものは置いてないんかなーとか(笑)





何だか、よく解ってないんですけど、結構面白いなーと思います。





部活、早くやってみたいなーと思います^^





因みに、僕は学生の頃は帰宅部というやつでした。


中学校とかは、半強制的にどこかに所属しておかないといけなかったんで、

最初はバスケットボール部に入ってたんです。




3日目で辞めましたけど(笑)




そしたら、顧問の先生がエライ顔して僕の教室まで怒鳴り込んできて、

何で勝手に辞めるんぞー!!って^^;




だって、球拾いしかやらしてくれねーもん!

俺は三年生の奴隷じゃねーんだよ!




という正当な理由(笑)は聞き入れてもらえず、びんた貰いましたけど。




で、僕は納得できないことはトコトン反発してたんで、

そのまま中学を卒業。


オマケに先生にも嫌われてて、

内申書には部活やってなかった理由も書いておくからな!と^^;




ここでもまた、実力で試験に通ってやんよ!みたいなこと言うもんで、

そりゃーもう、先生らかも、目の敵にされてました^^;




で、一応地元でもそこそこ有名な進学校へ入学したものの、

やっぱり上級生とか先生とかのワケ解らん軍隊じみた物言いが大嫌いで、

このあたりから、僕の反発も益々酷くなっていたと思います。





が、三年生の春に運命の出会いがドキドキ





ではないんです、じつは(笑)




まぁ、確かに運命の出会いがありました。




担任の先生なんですけどね、

物凄くお世話になりました。




まぁ、その担任の先生がどんな先生だったのか、

知ってる方もいるとは思いますけど、

めっちゃエエ先生やったんです!!




こんなエエ先生、日本中探しまわっても

ほんの一握りもいないんじゃないかと思います。




規律も大事にするんですけど、

先ず、生徒の言い分を聞いてくれる先生なんですね^^




未だに、僕が「先生」と呼んでいる、

唯一の僕の先生です^^




あの、色気ないですけど、男の先生ですよ、

一応言っておきますけど(笑)





で、その先生のクラスだった同級会だけは参加します。




と、そんなこんなで、部活みたいなものには

正直憧れていました^^





僕は、自分で言うのもなんですが、

同級生と比べても若いと思うし、生き方も全然違うと思います。




多分、これは若い頃、やりたかったことをやってこなかった

青春時代の忘れものがあるんじゃないかと・・・




ちょっと書いていて、何だか恥ずかしい(///∇//)




こういう台詞は、やっぱり僕には似合わんね(笑)





単にグレてただけですよ、アホだったんで^^;











コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nagaonome.blog.fc2.com/tb.php/29-5fbfbf8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。